新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











良いマンションとは

立地をチェック
優良物件の見分け方

物件選びを始めるにあたって、立地は最も重要なポイントの一つです。実際に現地やモデルルームを見に行ったり、不動産の担当者などから情報収集を行うことが大事です。

駅近が必ずしも良いのか?

まず、物件選びの時に、優先したい立地のポイントを整理しておきます。

例えば、・通勤、通学の時間を考慮した交通事情、・生活利便設備の有無、・周辺の環境はどうか、・子育ての環境(公園の多さなど)はどうか、などがあげられます。漠然と駅前は価格も高いが人気物件である、と思われがちですが「人気の一等地=好立地」とは限りません。駅からバスに乗る必要性のある立地であっても、好立地の条件にあてはまるものは存在しますし、ご自身の優先したいポイントが充実していれば好立地といえます。例えば子供がいる場合は学校が近いか、お年寄りがいる場合は病院や医院が近いか、また主婦の場合はスーパーマーケットが近くにあるかなど、ケースによって利便性も大きく関わってきます。通勤通学に電車を使う場合は、沿線や駅、駅からの距離もだいたい決めておきましょう。同じ最寄駅でも、駅周辺と駅からバスの物件では、環境や価格も違ってきます。あらかじめ自分が「外せない条件」はどれか確認しておきましょう。

将来の人生設計を考えて立地を選ぼう!

例えば現在独身である方ならば、自分だけの基準で広さや使い勝手を決めればいいかもしれませんが、「マンション購入」となると将来の人生設計が好立地の条件にも大きく関わって来ます。例えば結婚しているか、また将来結婚して子供は何人いるだろうか、生涯住み続けるつもりで買うのか、賃貸に出したり、売却する考えもあるのか…などで立地の「好条件」も変わってくるのです。

将来賃貸や売却を考えている場合は、広さよりも資産価値が守られる「駅近であること」「住環境が整っている」「アクセスがよい」といった一般上での立地条件のよい物件を探す必要があります。立地エリアの再開発や鉄道延伸などの影響も検討しましょう。また、賃貸や売却を考えない場合でも、子育ての環境を重視した公園や広場が多い郊外がよいのか、通勤上の交通アクセスを重視した都心にこだわるのか、また都心の会社で自分は将来もずっと働いていくのか、将来両親と暮らす予定はないか、また同居する場合は何歳位からの予定か、その場合マンションはどうするのか…などなど具体的な人生設計を考えた上で選ぶことが大事です。